くたびれ大学生のよれよれ

思ったことを垂れ流します。

皆さんは夢を見るだろうか。

私はよく夢を見る性質で、今は特に夏休みというとこもあり昨日も惰眠を貪っていた。


昨夜の夢は高校の教室のようなところで嫌いな人物をメタメタに論破し、非難したところ皆から喝采されるというなろう系小説も真っ青な御都合主義なものだった。フロイトによれば下品かつ敬語を知らず、どこかイカ臭い私の卑屈な深層意識が反映されたのかもしれない。


さすればやはり夢とは欲望を忠実に再現するものなのだろうか。皆さんも気になるあのコとデートする夢を見たことがおありかもしれない。現に私も8月7日に遠坂凛ちゃんと当時意中の女の子の3人で福岡旅行に行くという妙に鮮明な夢を見たことを覚えている。


しかし、その一方あってほしくないことを夢に見ることもある。遅刻する夢、振られる夢、大学に落ちる夢。どうやら大学を落ちることを恐れていたらしい私は事実、第一志望の大学に落ちた。夢なのに、夢じゃなかった!!と喜んだのはほんの数秒のことである。


かつて明晰夢の存在を知った私はその能力を身につけるべく、夢日記をつけ始めたことがある。しかし夢のことなど起きると忘れてしまう上夢を見ない日もあるため、文字通り三日坊主となった。

夢も一期一会だからこそ楽しいのかもしれない。







型月(タイプムーン)

はじめまして。唐突かもしれないが、私はどちらかというとアニメを見る人間である。


現実の世界でもエロスに人一倍敏感だったが、そのありあまる性欲と内気さをもてあました結果、液晶画面の美女に傾倒したのだ。


後ろの席に座っていたSくんが通常『俺ガイル』を勧めてくれたのがきっかけで、私の学校生活は灰色といかないまでも炭火焼程度までに変色した。


自分語りはこの辺にして、私が特にハマったのがfateシリーズで有名な型月作品だ。


テレビで凛ルートが放送されたことがキッカケで、私はfateシリーズにのめりこんだ。凛の黒髪ロングという童貞キラーさ、作画の素晴らしさに1話からぞっこんだった。そしてzero、staynight原作、follow、カニファン、空の境界と王道ルートを進み完全にハマったのだった。


しかし、問題はFGOが配信されてからだった。ゲーム性やガチャなど、私にはとにかく合わなかったのだ。それでもfateのキャラが好きな一心で続けていたが、1.5部でやる気を失ってしまい、私がアプリを消してから一年が経つ。


FGOが繁盛するにつれてメディア展開はFGO中心となり、かつては凝っていたエイプリルフールの企画に回すリソースも減ってしまったように思われる。月姫のリメイクや新作も作られないかもしれない。

そんなことが頭をよぎるようになった。


もちろん、FGO、ひいてはが繁盛しているのは嬉しいことだ。今の型月の最前線はFGOだし、利益を考えたらそちらを優先するのは当然だ。


ただ、FGOが出る前の型月の雰囲気が好きだっただけに、ついていけない自分が残念に思う。



初投稿でいきなり長文かつ文句を述べてしまい申し訳ありません。以後は内容がよりまとまるように精進します。

読んでくださった方がいらっしゃったら大変嬉しく思います。